介護求人TOPケア転職ナビコラム介護のキャリアプラン > 看護助手の志望動機~パターン別に例文を紹介!~

看護助手の志望動機~パターン別に例文を紹介!~

「志望動機」は面接の際に必ず質問される項目の一つなので、履歴書などへ記入する際は要点をまとめて、わかりやすい文章を心がけましょう。事実、採用担当者のおよそ20%が書類選考時に「志望動機・志望理由を最も重要視している」と回答しています。しかし、実際にどんな内容を書けば、採用担当者に良い印象を与え、高い評価に繋がるのか頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?
今回は看護助手を志望する方に、業界未経験でも使える志望動機の例文をパターン別でご紹介していきたいと思います!

看護助手に求められる能力とは?

看護助手は、基本的には看護師さんのアシスタントが主な仕事内容になります。患者さんに直接医療行為を行うことはありませんが、そのための医療器具などの準備や消毒、発注管理なども行います。また、介護士と同じように食事や排泄介助などもメイン業務となることが多いので、一言に看護助手といっても、勤務先によって仕事内容は幅広く、選考を受ける前に求人情報などで仕事内容をしっかり確認しておくことが重要です。仕事内容を十分に理解しておけば、志望動機を書く際にも役立つはずです。

必要な資格ってあるの?

看護助手の資格はいくつかありますが、看護助手として働くにあたって特別必要な資格はありません。とは言うものの、医療従事者の一員として病院や介護施設で働くので、看護助手の資格があるほうが役に立つことが多いでしょう。仕事の幅が広がる上、医者や他のスタッフからの信頼を得ることにも繋がります。
資格取得を目指される方は、資格取得に向けたスケジュールや、看護助手としてどういったキャリアアップをしていきたいのかを明確にしておくと、面接の場で志望動機を聞かれた際にもスムーズに答えることができるでしょう。

コミュニケーション能力

どのような職場で働く場合でもコミュニケーション能力は必須のスキルといえるでしょう。採用担当者も面接の場では”質問に対して的外れな回答をしていないか”、”質問の意図を理解して簡潔に答えられているか”など現場でもスムーズなコミュニケーションを取ることができるかをジャッジしています。
チーム医療を推奨する病院などが増えている昨今では、医療行為などで患者さんと関わる現場において、以前より、看護助手も例外なくコミュニケーション能力を重要視されています。

経験は活かせるの?

仕事内容や勤務年数にもよりますが、これまでに看護助手としての就業経験をお持ちだったり、医療従事者として働いたことがある方であれば、十分にその経験や知識を活かすことができるでしょう。
面接の場では 、病院・施設の種類、体制、仕事内容などは具体的に話せるようにしておくことで、“なにができて、なにができないのか”が明確になるので、慣れない業務をすぐに任されたりなど、勤務後のギャップが生まれることも少なくなるでしょう。
もし看護助手としての経験がない方であっても、サービス業やチームワークを重視する職場で働いたご経験をお持ちの方であれば、人と話すことが好きだったり、コミュニケーション能力が高いことをアピールすると良いでしょう。

看護助手の志望動機 ~例文紹介~

ここからは看護助手を志望する方向けに、経験やキャリア別の志望動機の例文をご紹介します。
ご自身のご経歴やキャリアビジョンと照らし合わせて、近しい例文があればぜひ参考にしてみてください。
これまでの経験や、活かせる知識・能力などを具体的に記載しましょう。
コツは文章の中に数字を入れることで、アピールしたい経験を具体的に伝えることができます。

未経験から医療現場にはじめて挑戦する場合の志望動機
私は3年間、飲食店にて接客業に従事しておりました。元々人と話すことが好きで、お客様の笑顔やだれかの役に立つことに喜びを感じていました。
昨年、怪我をして入院したときに、看護助手の方から「体調はどうですか?」「早く良くなるといいですね」と、優しく言葉をかけてもらい、その言葉に非常に勇気づけられ、前向きにリハビリに取り組むことができました。そのとき、私も「患者さんに少しでも笑顔や元気を与えられる存在になりたい」と強く思い、この度、看護助手を志望しました。
看護助手は未経験になりますが、明るい性格と接客業での経験を活かして、患者さんに笑顔で退院してもらえるように頑張りたいと思います。
※2019年3月 看護助手実務能力認定試験 受験予定
看護助手から将来的に看護師を目指す場合の志望動機
特別養護老人ホームにて介護士として2年勤務した後、療養型病院にて約3年間、看護助手(常勤)として勤務しておりました。看護師や理学療法士など、他スタッフと連携を取りながら、主に食事・排泄介助や衛生面の管理などを担当しておりました。
日々、看護助手としてのやりがいを感じる一方で、患者さんにできることの範囲に限界を感じることも多々あり、さらに医療の知識を得て、より専門性を高めていきたと思うようになりました。貴院で看護師資格の資格取得制度を活用して、看護助手として働きながら資格取得に向けた勉強をしていきたいと考え、志望しました。
まずは、看護助手の経験を活かして、一日でも早くお力になれるよう尽力したいと思います。
看護助手の経験はあるが、転職回数が多い場合の志望動機
これまで複数の介護施設、病院で就業して参りました。
入社後すぐに転職をしてしまったことは、どのような理由であっても反省すべき点であり、猛省しております。
しかしながら、療養型の病院をはじめ、有料老人ホームや特別養護老人ホームなど様々な施設での経験がありますので、その経験を活かして、迅速かつ丁寧な介助を心がけ、看護助手として一生懸命頑張りたいと考えております。
また、認知症の方などへの対応も経験がありますので、他のスタッフの方とも協力しながら、患者さんのサポートをしていきたいと思います。
看護助手の経験はあるが、ブランクがある場合の志望動機
過去に大学病院(外来)の看護助手(正社員)として5年ほど勤務し、物品・薬品の発注・管理、医療器具の洗浄や手術室の清掃などを担当しておりました。
出産・子育てのため、7年ほど現場から離れておりましたが、もう一度、看護助手として現場復帰したいと考えております。
ブランクはありますが、これまでの経験を活かして1から学ぶ気持ちで、頑張りたいと思います。

社会人経験の浅い方必見の志望動機 ~例文紹介~

入社して間もない方や、社会人経験がまだ浅い方は、アピールできるスキルや知識が少ないので、学生生活やアルバイトを通じて得たことや、自身の性格上の強みなどをアピールすることが多いと思いますが、どのように書けば良いかお困りの方もいると思います。
そこで今回は社会人経験がまだ浅い方向けに志望動機をご紹介したいと思います。
看護助手としての経験が浅い分、今後のキャリアや現時点で勉強していることなどを加えるなど、ぜひ参考にしてみてください。

学生時代部活動をしていた場合の志望動機
私は小学生から高校までテニス部に所属していました。中学・高校では部長を務め、県大会出場を目標に後輩の指導や効率的な練習方法の改善に注力しました。その結果、高校3年の夏に目標である県大会出場を果たすことができました。以上のことから、目標に対する達成意欲が高く、何事もやりとげる力があると自負しています。また、体力にも自信があり、中学・高校の6年間は学校を一度も休むことなく皆勤賞をいただきました。
貴院で看護助手として働くにあたって、すべて未経験の仕事になりますが、1日でも早く仕事を覚えて患者さんに必要とされる看護助手になれるように精進したいと思います。
2019年7月に介護職員初任者研修を修了予定となっています。
親族が病院でお世話になった経験がある場合の志望動機
2年前、祖母が病気にかかり貴院でお世話になったことがあります。3カ月ほど入院することになり、お見舞いに何度か来ることがありました。そのとき、非常に優しく丁寧に介助している看護助手さんに私の祖母が満面の笑みで「ありがとう」と言っている光景を見て、「私もこんな仕事をしたい!」と強く思いました。
また、患者さんへの対応で忙しい中、私に対しても「おばあちゃん早く良くなるといいね」と、優しく言葉をかけてくれ、「この病院で働きたい」という気持ちが強くなりました。
将来的には看護師として患者さんの力になりたいと考えていますが、まずは看護助手として現場の経験を積みたいと考えています。
私の祖母を担当していただいた看護助手さんのように、私も患者さんから”ありがとう”と言われる人になりたいと思います。
まとめ
いかがでしたでしょうか?
志望動機は採用担当者に対して”ここで働きたい”という熱意を伝えるための最も重要な項目になります。
応募先によって求める看護助手像は異なるので、経験よりも人柄を重視していたり、転職回数よりも即戦力として働いてもらえるかなど、採用基準は施設や病院によってさまざまといえるので、今回ご紹介した看護助手の志望動機を参考にしていただき、あなた自身の良さが伝わりやすいように工夫してみてください。きっと、あなたの熱意は採用担当者へ伝わるはずです。