介護求人TOPケア転職ナビコラム介護のキャリアプラン > 介護業界の離職率は高い!その理由は!?

介護業界の離職率は高い!その理由は!?

介護業界のイメージとして、職員の勤続年数が短く職員の回転が早いとされますよね。所謂、離職率が高い!
この離職率の真相と原因、退職理由を今回はピックアップしたいと思います。
ただ、これから介護業界に就職や転職しようと考えている方は、離職率が高いと聞いてしまうと心配になってしまいますよね…そこで離職率が高い職場を見分けるポイントも合わせてご紹介span>しますので、ぜひ最後までご覧ください!

介護職の離職率の実態!どれくらい離職率は高いの?

では早速、公益財団法人介護労働安定センターが公表しています「介護労働の現状について」を参考にした、1年間の介護職における職採用率・離職率を見てみましょう。
このことから、介護職員(非正規職員)の採用率・離職率が高いことが分かります。したがって、職員の出入りが激しいということになります。
また、訪問介護で(非正規職員)は60歳以上の方が3割ほどを占めているなど、就業形態や年齢層に関してもまだまだ課題が残っています。介護職のニーズはお年寄りが増えている為、高まっているとともに、介護福祉士の資格登録者数・実際に働いている人数ともに右肩上がりの傾向ですが、実際に働いている方の割合いは、ほぼ横ばいとなっています。つまり、資格を持っていても介護福祉士として活躍していない方…「潜在介護福祉士」の割合いは約4割ほど存在しています。これが平成12年までさかのぼってみてもその比率はほぼ変わりありません。
さて、では他職種に比べても、介護職の離職率が高いのでしょうか・・・
このように厚生労働省の発表によると全国の介護職員の16.7%が退職している現状で、全産業平均の15%も上回り人手不足と離職率の高さが常態化している状況span>となっています。
人手不足の施設は年々増加傾向であり、訪問介護員と施設などの介護職員を合わせると6割以上もの施設が不足感を感じているという結果も出ていますが、介護職員の採用数は他産業に比べ圧倒的に多いので、やはり出て行く数(離職率の高さ)が人手不足となってしまう悪循環の一因のようです。

よくある退職理由!詳しく解説!

こんなに離職している介護士さん…一体その退職理由はどんなものなのか、主なものを解説いたします。

離職率が高い介護施設の特徴を知ろう!

さて、実際の離職率や就業条件は、職場によって差があります。現場で働いている介護職の方の立場としては、離職率の高い職場は、人間関係や待遇面の悪さなど何かしら離職理由になるものがありそう…と考えてしまうでしょう。だからこそ、次の転職先はよりよい環境の施設を探そうと思いますよね。しかし、求人にうちは離職率○○%と書いてあるはずはありません。入社してから「こんなはずじゃなかった」と後悔する前に、「家から近いから」「お給料が高いからと」安易に転職先を決めるのではなく、しっかりと精査して勤続しやすい施設を探しましょう!

そこで、離職率が高いとされる介護施設のポイントをご紹介◎

このように離職率が高い職場を見極めるポイントはいくつかあるのですが、なにぶん、どう求人を探していいのか。求人があり過ぎて精査しきれないと思います。さらには、現場のより詳しい情報を知ることはなかなか難しいですよね。
ですが、複数の職場を比較しての客観的な見解を得るというのが最適です!
そう、個人の力ではどうにもきつい。しかも就業しながらでは時間がない…
そんな時には当ケア転職ナビのような転職支援サービスをご活用ください!

お一人おひとりに専任のコンサルタントに相談しながら転職活動を進めることできるんです♪
一般的な特別養護老人ホーム・有料老人ホーム、訪問介護、デイサービスの求人はもちろん、病院・クリニックなど、さまざまな施設の募集求人をご紹介し、働き方や条件も固定勤務や時短勤務の求人をはじめ、高給与・土日祝日休みなどご希望の条件で親身になって探し、面接から入職後までサポートを行っています◎ぜひ、ご相談だけでも構いません。お気軽にお問い合わせください☆

離職率の高い介護施設を見分けるには?!

次に離職率が高い職場であるかどうかを見分けるポイントを取り上げますが、方法としては職場見学や職場体験に参加するなど、実際に自分の目で確かめてみるのが良いでしょう。
離職率の高い介護施設を特定したり、瞬時に見抜いたりすることは難しい面もありますが、ここでは離職の要因になりそうな7つのチェックポイントを紹介していきます。

①電話の応対

職場見学や職場体験の受入れがない施設の場合、貴方から受け入れの可否についての相談を持ち掛けてみることで、施設がどのような対応をするのか確認してみましょう。
例えば、電話で問い合わせた際、横柄な対応をされたり、無下に断られるようなら、可能性として日々の業務の中でも同じようなことが起こっていると考えられるので、注意しましょう。

②施設長やリーダーの人柄

職場見学の際には、施設長やリーダーなど、いわゆる施設上層部の方々に案内してもらうことが多いです。
言い換えれば、その上層部の方々がマネジメントしている職場となりますので、施設長やリーダーなどの人柄は、職場の環境を映す鏡になっていると言っても過言ではありません。
また、施設長やリーダーの一般職員との接し方など、貴方がその職場で馴染めそうな環境かどうか、見学の際にはしっかりと確認をしておきましょう。

③介護職員の対応

施設長やリーダーと同様に、施設見学の際には、現場の職員にも挨拶することになるはずです。入社後は貴方の先輩となる可能性のある職員ですが、見知らぬ人でも、笑顔で気持ち良く挨拶してくれるか、利用者や周囲にいる家族にまで丁寧に挨拶しているかなど、先輩職員の表情や行動を確認しておきましょう。
基本的なことですが、介護の仕事に対する意識の高さや姿勢といったものは、挨拶や表情で大半は読み取ることができます。
雑談などによる職員同士の楽しそうな会話を目にしても、ふとしたところで見せる険しい表情や、忙しそうに動き回っていたり、身なりも乱れて表情にゆとりがないようであれば、必ずしも良い職場であるとは言い切れないでしょう。

④介護職員と看護師の連携

介護施設は、介護職員と看護師が連携を取りながら働いている職場が多くあります。
このような場合、医療の専門知識や技術のある看護師は、介護職員に対して現場で指示を出して補助を求めることが多々あるので、どうしても看護師と介護職員の間に上下関係が生まれてしまうことがあります。そのため、連携がうまくいっていない職場も多く、コミュニケーションを取らなくなることで、人間関係を悪化させてしまうケースも多いようです。

⑤人員配置の方法

職場見学や職場体験の際には、人員の配置についても、上司や先輩に質問してみましょう。
例えば、ローテーションによる人員の配置ではなく、同じところに同じ人をずっと配置しているような場合、適材適所といえばそれまでですが、セクション間で派閥があったり、他セクションと連携が取れていないなど、そのような固定された配置の中で働くことになります。

⑥環境整備の状態

施設内の環境が整備されていることは、利用者にとって快適に過ごすことができるかどうか、重要なポイントの1つになります。
例えば、臭いがあまりに不快に感じるような状況であれば、そこまで手が回っていない環境の職場であることを表しています。

⑦地域との交流

介護施設と地域でどのような交流が図れているかもチェックしておきたいポイントです。
介護施設は、閉鎖的な環境だとストレスを増長させると問題視されるケースもあり、利用者の家族や友人などの出入に留まらず、日ごろから地域の人と積極的に交流している開放的な施設のほうが安心です。
地域交流は、その施設のホームページでも確認できると思いますが、施設内の掲示物など
でも確認しておきましょう。

まとめ
今回は介護の現場で離職率が高い理由や主な退職理由についてご紹介しました。
現在、介護職に携わられている方であれば、頷く部分も多かったのではないでしょうか。
行政も少しずつですが、待遇改善に向けて動き始めているので、少しでも多くの方が介護職員として活躍し、長期的なキャリアを築いていけるようになればと願うばかりです。