介護求人TOPケア転職ナビコラム介護のキャリアプラン > 臨機応変に介護をサポート!小規模多機能型居宅介護とは?

臨機応変に介護をサポート!小規模多機能型居宅介護とは?

介護業界には様々なサービスや施設が多くあり、「小規模多機能型居宅介護」と聞いてもなかなかピンとこない方も多いことと思います。
そもそも小規模多機能型居宅介護は平成18年から地域密着型のサービスとして開始された比較的新しいサービスで、少々複雑でわかりにくいところがあります。そこで今回は、「小規模多機能型居宅介護」について誰にでもわかるよう、簡単に解説していきたいと思います。

小規模多機能型居宅介護とは?

まず、一般的に知られている居宅介護とは、居宅介護支援事業所のケアマネージャーが、訪問介護(ホームヘルパー)や通所介護(デイサービス)、短期入所生活介護(ショートステイ)など、それぞれ異なる介護サービス事業者と連携・調整し介護の計画を立てます。
そのため、サービスにより受ける場所が異なり、さらに個々の事業所との契約もそれぞれ必要になってきます。
しかし、小規模多機能型居宅介護では、1つの事業所と契約するだけで、一般的な居宅介護で受ける訪問介護(ホームヘルパー)・通所介護(デイサービス)・短期入所生活介護(ショートステイ)が同じ施設で受けられます。

この小規模多機能型居宅介護は、自宅での生活を継続し、通所介護(デイサービス)を中心に介護サービスを受けている方が、訪問介護(ホームヘルパー)や短期入所生活介護(ショートステイ)を状況に応じて組み合わせることができ、緊急時の急な対応も可能であることから使い勝手が良く、同じ施設・同じ介護職員のケアの基、環境を変えず安心したサービスを受けられる形になっています。住み慣れ親しんだ自宅で生活しながらも、月額定額制で「通所」「短期間宿泊」「訪問」のサービス全部が受けられ、また要介護者の状況によって、すぐにサービス内容を変更、対応してもらえる面では大変利用しやすいサービスとなっています。

サービスの特徴
訪問
・あらかじめ時間帯や回数が決まっているわけではなく、希望の時間帯に対応してもらえる。
・5分間などの短い時間にも対応してもらえる。
・緊急に訪問して様子を見てもらいたいときにも対応してもらえる。
通い
・デイサービスなどとは異なり、全員一緒に活動するわけではなく、個々の希望を聞いてもらえる。
・午前中だけ、または夕方から延長で、など、通う時間帯も自由に対応してもらえる。
・食事の回数、入浴などに対応してもらえる。
・イベントやレクなどには希望で参加できる。
宿泊
・ショートステイのように早くから日程が決まっているわけではなく、急な宿泊にも対応してもらえる。
・前日宿泊からそのまま通いとして施設を利用することができる。

shoukibo
出典:厚生労働省

ここまで聞くと融通がきいて、メリットばかりに思える小規模多機能型居宅介護ですが、登録するとこれまで利用していた場合の、居宅介護支援・通所介護・通所リハビリテーション・訪問看護・夜間対応型訪問看護・ショートステイなどの介護保険サービスを利用することができなくなり、ケアマネージャーも小規模多機能型居宅介護専門の方に変更になります。
また、1つの事業所において利用者の登録定員は29名までとされており、デイサービスを1日に受けられる定員は15人以下、ショートステイを1日に受けられる定員は9人以下と決められています。

小規模多機能型居宅介護の対象者と介護報酬

小規模多機能型居宅介護は要介護1~5の方が対象となっています。
また要支援1~2の方は小規模多機能型居宅介護と同じようなサービスを受けられる介護予防小規模多機能居宅介護の対象となります。

<介護報酬>

小規模多機能型居宅介護の介護報酬は1カ月の定額制であり、事業所が利用者の住んでいる建物と同じかそうでないかで介護報酬は異なり、同じ建物に住んでいる場合のほうが安くなります。

【同一居住者以外の登録者に対して行う場合】

  介護報酬 利用者負担(1割)
<要支援1> 3,403単位 3,403円
<要支援2> 6,877単位 6877円
要介護1 10,320単位 10,320円
要介護2 15,167単位 15,167円
要介護3 22,062単位 22,062円
要介護4 24,350単位 24,350円
要介護5 26,849単位 26,849円

【同一建物居住者に対して行う場合】

  介護報酬 利用者負担(1割)
<要支援1> 3,066単位 3,066円
<要支援2> 6,196単位 6,196円
要介護1 9,298単位 9,298円
要介護2 13,665単位 13,665円
要介護3 19,878単位 19,878円
要介護4 21,939単位 21,939円
要介護5 24,191単位 24,191円

※介護報酬に対し利用者の負担は1割となりますが、食費やオムツ代、宿泊の際の部屋代など事業所との契約によって違いますが、別途、自己負担する費用があります。

ameasagirirabe_tp_v

小規模多機能型居宅介護で働くメリット

  • ホームヘルパー、デイサービス、ショートステイ事業所内の職員が一つの場所ですべて行うため、情報交換がスムーズにでき、利用者の方の状況を把握しやすく仕事を円滑に行うことができる。
  • 少人数制であるため利用者1人ひとりとじっくり向き合い信頼関係を築きやすい。
  • 訪問介護・通所介護・ショートステイの業務を学ぶことができ、その役割を知り介護の流れをつかみ、広い視野で業務を行うことができる。
  • 3つの介護サービスを臨機応変に組み合わせ柔軟に対応するため、発想する力を育てることができ、急な変更や緊急事態も慌てず対応することができるようになる。
  • 職員同士のコミュニケーションがとりやすい。
  • 地域密着の小規模な施設のため、仕事を通して地域に貢献できる。

小規模多機能型居宅介護で働くデメリット

  • 急な変更にも対応するため利用者の方の状況を細かく把握しておくことが必要になる。
  • 苦手な職員がいても毎日顔を合わせることになる。
  • 訪問介護での家事援助や通所介護でのレクリエーションの司会進行など様々なスキルが必要とされ、それらをすべて覚えなければならない。
  • 24時間体制なので、夜勤もある。
  • 必ずしも看護師が配置されているわけではないので、基本的な医療ケアの知識も必要となる。

<まとめ>

小規模多機能型居宅介護は、安心して在宅で受けられる地域密着型介護サービスとして注目されています。訪問介護・通所介護・ショートステイを臨機応変に組み合わせることができ、利用料金も定額制で安くなっているため、人気がでています。
介護の仕事に興味のある方、これから介護の仕事転職を考えている方は、小規模多機能型居宅介護事業所で、様々な介護サービスを一度に経験し、一気にスキルアップを目指すのも良いかもしれませんね。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事もご覧ください

この記事が少しでもお役に立ったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。