介護求人TOPケア転職ナビコラム介護のキャリアプラン > 介護のショートステイはこんなところ!~特徴や種類、職種や一日の流れ~

介護のショートステイはこんなところ!~特徴や種類、職種や一日の流れ~

在宅介護は、自分が慣れ親しんできた自宅で介護を受けながら生活していくので、本人もリラックスできて気楽です。しかしその分引きこもりになってしまったり、気分転換できなかったり、ご家族に介護の負担がいってしまいがちという側面もあります。それを解消してくれるシステムが「ショートステイ」です!
例えばご家族の方が小旅行に出かける時や冠婚葬祭、休養をとりたいなどの事情がある場合、お年寄りを30日間連続で施設に預ける事ができます。家族がいない間は介護専門スタッフがお世話していきます。
今回はそんなショートステイの特色についてお伝えしていきます!ショートステイ(短期入所生活介護)のお仕事に関心のある方は、ぜひご参考にしてみてくださいね。

ショートステイ=短期入所生活介護ってどんなもの?

ショートステイという名前からご想像つくように、「短期間」だけ介護サービスを受けられる施設です。介護を必要とするお年寄りが短期間だけ入所してくるので、介護職員は日常生活のサポートをしていきます。食事やトレイ、入浴などの基本的行動の他、リハビリやレクリエーションサービスなども提供していきます。
ショートステイにはご家族の介護疲れを解消する事もできるというメリットがあります。
通常、最大滞在日数は30日間となります。利用者の方の状態やご希望に合わせて、部屋タイプをいくつか用意してあります。

部屋タイプ 内容
従来型個室 利用者一人一人に対して個室完備
多床室 大部屋(2~6名)
ユニット型 個室利用に加え、複数人利用する事も可能で、食事や談話ができる
共同スペースもある

ショートステイを利用するとこんないい事がある!

  • ご家族が安心して旅行やお出かけできる
  • お年寄りの孤独解消につながる
  • 施設内で機能訓練が受けられ、自立支援にもなる
  • ご家族が一定期間一息つける
  • お年寄りの引きこもりが防げる
  • 仲間ができる、交流できる

ショートステイが利用できるのはどんな時?

要介護認定を受ける方は勿論の事、要支援の方も予防サービスとしてショートステイを利用する事があります。基本的には普段介護してくれているご家族が病気になったり、休養期間が必要だったり、冠婚葬祭や出産、ご旅行などの事情により介護活動ができなくなった時に利用するところです。

今すぐショートステイを利用したい!それにはどうすればいいの?

ショートステイを利用したいと考えるお客様は、直接施設に問い合わせることもできますが、ケアマネ経由で申し込む方が多いです。
特定のケアマネがついていないのであれば、地域包括支援センターへ申し込むのが一般的です。
初めて申し込みした後は、担当者が自宅訪問・面接などして利用者の心身状態や、普段の生活環境などについて把握します。
入所前に審査も必要なので、結果が出るまでにはいくらかの日数がかかります。そのため、希望日程よりも前に、余裕持って申し込みをしておくとよいでしょう。
また、当日までに、利用者のお薬や健康保険書、介護保険書などの重要書類が必要になるので、用意しておきましょう。

ショートステイの利用者負担費用はどれくらい?

初めてショートステイを利用される方やそのご家族にとって、ショートステイでかかる費用は気になるところでしょう。ご家族が旅行に行っている間に施設に預けたいと考えていても、かかる費用によっては利用するのを躊躇してしまうかもしれません。
ショートステイの総額だけでなく、何にいくらかかったかというのも認識しておくようにします。ショートステイにかかる費用には、以下のようなポイントがあるので、頭に入れておくといいですね。

・基本的に支払いは月末締め
・原則的にコストの1割が自己負担
・食費や居住費、日常生活費は1割の自己負担とは別に、別途かかってくる
・最終的な自己負担額はご利用者の所得区分によって変動する
・保険適用される
・ショートステイにかかる費用は、基本的にサービス費、食費、住居費など
・要支援1の場合・・・一日約1000円
・要介護5の場合・・・一日約1400円

ショートステイ1か月にかかる費用

認定 1ヶ月の費用
要支援1 50030円
要支援2 104730円
要介護1 166920円
要介護2 196160円
要介護3 269310円
要介護4 308060円
要介護5 360650円
coffee20160715165504_tp_v

ショートステイの1日の流れを簡単解説!

ショートステイの一日の流れ(例)について、簡単にご紹介していきます。

[起床]

7:30 [朝食]
洗顔後、準備できた人から朝食をとります。

[健康チェック]
看護師が体温・血圧・脈拍をチェックします。

[入所]
部屋にご案内します。

[レクリエーション]
体操、書道、お散歩などの趣味活動をしていきます。

[入浴]
一人ずつゆっくりユニットバスに入れます。座ったままでも寝たままでもOKです。

12:00 [昼食]
地元の旬な食事を使ったおいしい料理を提供します。ランチ後はゆっくり休憩をとります。

[交流]

15:00 [おやつタイム]
甘いものに限らず、お好み焼きを食べる場合もあります。

[お散歩]

18:00 [夕飯]
食卓を囲んで一日を振り返りましょう!また、毎食後口腔ケアもしています。入れ歯の人はここで外し、朝まで入れ歯洗浄液に浸します。

[団らん]

[就寝]
夜中もスタッフが待機しておき、緊急時にいつでも対応できるようにしておきます。

<まとめ>

一人暮らしのお年寄りや重度の要介護の方たちにとって、ショートステイは気分転換やコミュニケーションの場としても重要な場です。しかしショートステイの施設では現在、介護職・看護職共に不足気味なので、求人数も増えてきています。
単独型のショートステイ事業所は実際多くはなく、基本的には併設型で出している求人が多いので、特養や介護老人保健施設の求人に応募する形で、ショートステイを利用される方のケアに携わることもできるでしょう。

関連記事もご覧ください

この記事が少しでもお役に立ったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。